一戸建ての工法の種類と耐震性能について

一戸建ての住宅を建設することを考えたときに、悩むポイントの1つとして工法があると思います。
住宅建設の工法としては、在来工法とツーバイフォーに分けることが可能で、両者の違いについて把握しておくことで、決めるときに役立つと言えます。
在来工法とは、古くから日本に伝わっている建築の方法で、地元に根付いている工務店であれば在来工法による建築を得意としている会社が多くなります。

欧米で主流となっている工法がツーバイフォーで、断面のある角材とベニヤ板を使用することで住宅を作る方法となります。


壁パネルそのものが柱の役割を果たすことから、床パネル全体が梁の役目となります。

壁式構造の住宅の場合には、木箱と同じようなつくりとなることから、地震の揺れの特徴である水平方向に力が加わったときでも変形しにくいというメリットがあります。

一戸建てを自分で建てたいときに、押さえておきたいポイントは地震に対する強さがあると思います。

東大阪市の不動産ならこちらのサイトがオススメです。

ツーバイフォー住宅と、軽量鉄骨造の住宅であれば地震に強い特徴を持っていると言えます。
建築基準法で定められている基準では、震度6から7ほどの揺れであっても倒れることがないものとなっていますし、現在の基準ではさらに1.2倍から1.5倍の耐震性能を持っているものが、近年の一戸建てと言えます。建物そのものにおける耐震性能が高かったとしても、地盤の問題も関係してくることから、家を建設するときの土の上に基礎をつくって、その上に建物を載せる方法が用いられています。

東大阪市の不動産査定の情報をまとめました。

ベタ基礎で固めた地盤の上に住宅を建てる方法が、軟弱な地盤の地域であっても揺れの影響を受けにくくすることができると考えられています。





Copyright (C) 2016 一戸建ての工法の種類と耐震性能について All Rights Reserved.